利用規約

第1章   総則

 

第1条   定義

1) Pedaru(ペダル)とは、Pedaru株式会社が提供するシェアサイクル事業の商標ブランドのことをいい、アプリケーションプログラム又はウェブサイトを通じてPedaru株式会社が提供する以下の各種サービスを提供する事業をいう。

1. Pedaru会員の登録、管理、サービス業務

2. Pedaru会員の個人情報等の取得、管理、サービス業務

3. 本サービスの料金支払、インフラサービス業務

4. 設置施設における自転車の貸出・返却、カスタマーサポート、事故報告等の付随サービス(これらを総称して「個別シェアサイクルサービス」という)

5. 前各号に付随するサービス業務

2) 会員とは、シェアサイクル自転車を利用する目的で利用規約に同意した個人をいう。

3) シェアサイクル自転車とは、Pedaruのプラットフォームに登録されている般自転車をいう。

4) 設置施設とは、シェアサイクル自転車の貸出、返却及び保管がなされる場所をいう。

5) スマートキーとは、シェアサイクルに装着されたGPS・通信装置内蔵の電子キーをいう。

6) カスタマーサポートとは、シェアサイクル自転車、設置施設の維持管理及び会員への対応を行う保守管理部門をいう。

7) 乗車クレジットとは、30分間、無料で乗車できることをいう。

8)シェアサイクルプラットフォームとは、Pedaru株式会社が提供するPedaruのプラットフォームをいう。

 

第2条   規約の適用

1) Pedaru株式会社はPedaruが提供する各種サービスを受けるための会員登録を希望する個人との間で契約(以下「会員登録契約」という)を締結します。

2) Pedaru株式会社は、会員に対して、Pedaruのシェアサイクルの各種サービスを受けることができる会員資格を提供し、会員登録の有効期間中、個別シェアサイクルサービスを提供するものとします。なお、本規約に記載のない事項については相互話し合いの上、法令又は般の慣習に従うものとします。

3) Pedaruのアプリまたは自転車の利用その他Pedaruのサービスを利用した場合は、本規約に合意したものとみなします。

 

第2章 会員登録

 

第3条   会員登録契約の締結

1) Pedaruへの会員登録を希望する個人は、本規約を承諾の上、Pedaru株式会社に対して、所定の会員登録契約に必要な事項を確認し、会員登録の申込みを行うものとします。なお、Pedaru株式会社の会員登録を希望する個人が未成年の場合は、事前に保護者の同意を得た上で会員登録申込みを行うものとします。

2) Pedaru会員登録を希望する個人による前項の申込みに対して、Pedaru株式会社が承諾した場合に会員登録契約が成立するものとします。但し、下記の各号に該当する場合は、承諾しないものとします。

1. 身長が145cmに満たない場合。

2. 13歳未満の場合。

3. 身体的にシェアサイクル自転車を安全に運転することが困難であるとPedaru株式会社が判断した場合。

4. 過去のシェアサイクルプラットフォームの利用実績において、使用料の支払滞納等規約違反を行ったことが判明した場合。

5. 暴力団、暴力団関係者、その他反社会的勢力に属していると認められる場合。

6. 本規約に同意されない場合。

7. 過去に交通事故を起こし、または悪質なマナー違反をしたことがある場合。

8. その他Pedaru株式会社が適当でないと判断した場合。

第4条   サービスの利用条件

1) 会員登録契約において、会員は、Pedaru株式会社が指定する契約の種類と支払方法を選択し、会員登録契約を締結するものとします。

2) 会員は、前項に基づき選択した契約の種類及び支払方法に応じて、第5章に定めた使用料を支払うものとします。

 

第5条   自転車の確認事項

会員は、本件自転車の利用開始前に、以下の事項を確認します。

1. ベルが適切に鳴ること。

2. 適切に照射するライトであること。

3. ブレーキが効くこと。

4. タイヤの空気圧が適正であること。

5. ハンドルにガタつきがないこと。

6. ペダルにガタつきがないこと。

7. チェーンの張りが適切であること。

8. サドルがガタつきなく固定していること。

9. 鍵がかかること。

10. リヤリフレクターがついていること。

11. スタンドにガタつきがないこと。

第6条   自転車乗車時の遵守事項

本件自転車に乗車する場合、会員は以下の事項を遵守します。

1)自転車は、車道が原則であり、歩道は例外です。

2) 車道は左側を通行します。

3) 歩道は歩行者を優先し、車道寄りを徐行します。

4) 安全ルールを守ります。

1. 飲酒運転、2人乗り、並進の禁止

2. 夜間のライト点灯

3. 交差点での信号遵守と一時停止、安全確認

4. 携帯電話を使用しない

5. イヤフォーン等を使用しない

6. 傘を差して走行しない

7. 人通りの多い場所や走行禁止区域では自転車を降りて引く

8. 交通ルールの遵守

9. 周囲と安全な間隔を保つこと

10. 両手で乗る

11. ペットを引きながら乗らない

5) 子どもはヘルメットを着用します。

6) 交差点の通行方法

1. 右折するとき:青信号で交差点の向こう側まで直進し、止まって右に向きを変え、対面する信号が青になったら直進して下さい。

2. 左折するとき:できる限り、道路の左側端に沿って徐行して下さい。

3. 一時停止の標識があるときは、停止線の直前で一時停止して下さい。

4. 自転車横断帯があるときは、そこを通行して下さい。

7) 横断歩道における歩行者の優先

1. 信号機のない横断歩道の3050メートル手前に横断歩道があることを知らせる道路標示があります。

2. 横断歩道の前では一時停止して下さい。

8) 乗ってはいけない自転車: ブレーキやライト等を装備していない自転車には乗らないで下さい。(競技用自転車や整備不良の自転車等)

 

第7条   登録内容の変更

1) 会員は、会員登録契約の申込みに際して、Pedaru株式会社に提供した個人情報、選択した契約の種類及び支払方法について変更が生じた場合には、その旨を直ちにPedaru株式会社に連絡し、その承認を得るものとします。

2) Pedaru株式会社は、前項において会員より連絡された内容が、サービスの遂行において支障をきたすと判断した場合は、会員からの変更を拒否、又は会員登録契約を解除できるものとします。

第8条   会員登録の解除

Pedaru株式会社は、会員が次の各号の一つ以上に該当した場合は、何らの通知又は催告を行うことなくサービスの利用を一時的に停止、または、会員登録契約を解除することができるものとします。この場合、支払済みの使用料は、Pedaru株式会社の会員規約により返金しないものとします。

1. 会員が会員登録契約及び本規約に違反した場合。

2. 交通事故、人身事故等を起こした場合。

3. 会員が、第5章に定める使用料、その他本規約に基づく金銭の支払いを一回でも延滞した場合。

4. 会員が第3条第2(拒絶事由)各号いずれかに該当した場合。

5. 前各号の他、Pedaru株式会社が会員と連絡が取れなくなった場合や会員登録契約時の情報に誤りがあった場合等、Pedaruシェアサイクルの利用継続が不適当であるとPedaru株式会社が判断した場合。

第9条   事業の中止

1) Pedaruシェアサイクル自転車又はPedaruシェアサイクル事業の一部又は全部のサービス提供が不能又はその他の理由により、Pedaru株式会社が継続を困難と判断した場合は、Pedaru株式会社は一方的にPedaruシェアサイクル事業を中止できるものとします。

2) Pedaru株式会社のウェブサイトへの掲載等Pedaru株式会社が適切であると判断する告知方法によって前項の旨の通知を会員へ行った場合、会員登録契約は終了します。

第10条   事業の停止

Pedaru株式会社は、以下の各号いずれかの事由に該当する場合は、会員に事前の承諾を得ることなく、Pedaruシェアサイクル自転車又はPedaruシェアサイクル事業の一部又は全部のサービスの提供を停止することができるものとします。

1. Pedaruシェアサイクル自転車又はPedaruシェアサイクル事業にかかるシステムの点検または保守事業を定期的または緊急に行う場合

2. 携帯電話の通信事業者またはプロバイダーの回線障害またはシステム障害

3. 地震、火災、停電、暴動、戦争、その他非常事態が発生した場合

4. その他Pedaruシェアサイクル自転車またはPedaruシェアサイクル事業の一部または全部のサービスの提供を継続することが困難であるとPedaru株式会社が判断した場合

第11条   中途解約

会員は、会員登録の有効期間中であっても、いつでも会員登録契約を解約できるものとします。但し、第8(会員登録の解除)の各号に該当する場合はこの限りではありません。

第12条   会員登録の有効期間

会員登録の有効期間は、会員登録契約の締結日からPedaruシェアサイクル事業の終了日までとします。

第13条   Pedaruシェアサイクル事業の実施期間

Pedaru株式会社は、Pedaruシェアサイクル事業の実施期間を、天候その他の運営上の理由により、予告なく変更する場合があります。

第14条   ID・パスワードの管理に関する事項

1) 会員は、会員登録契約締結時にPedaru株式会社より提供されるシェアサイクル専用アプリケーションを会員のスマートフォンにインストールすることで、Pedaru株式会社より発行される開錠コードを自己の責任において適切に管理保管するものとし、第三者に開示・漏洩または利用されないものとします。

2) Pedaru株式会社の責に帰すべき事由による場合を除き、開錠コードの利用その他の行為は、全て会員による利用とみなします。

3) 会員は、開錠コードが第三者に盗用、不正使用等された場合、または、そのおそれがある場合は、直ちにカスタマーサポートに連絡しなければならないものとします。

 

第3章    サービス利用の個別契約

 

第15条   シェアサイクル自転車の貸出し手続き

1) シェアサイクル自転車を使用する会員は、Pedaru株式会社所定の方法により鍵を操作し、シェアサイクル自転車の開錠を行うものとします(以下、当該手続きを「貸出し手続き」という)。これによって、会員とPedaru株式会社において個別契約が成立するものとし、Pedaru株式会社は会員に対してシェアサイクル自転車を貸し渡すものとします。

2) Pedaru株式会社は、第8(会員登録の解除)の事由に該当した場合は、シェアサイクル自転車の貸し渡しを拒否することができるものとします。

3) 会員は、前項によりシェアサイクル自転車の貸し渡しが拒否されたことに関して、Pedaru株式会社に対し何ら請求しないものとします。

 

第16条   シェアサイクル自転車の返却手続き

1) シェアサイクル自転車の返却手続きは、シェアサイクル自転車の保管が可能な最寄りの設置施設において、会員自らが、シェアサイクル自転車に備え付けられている鍵の施錠操作を行い、シェアサイクル自転車を返却するものとします。これにより、個別契約も終了します。

2) 会員は、シェアサイクル自転車の返却にあたって、シェアサイクル自転車に自らの遺留品がないことを確認して返却するものとし、Pedaru株式会社は、遺留品の紛失・棄損等について何ら責任を負いません。

3) 会員は、シェアサイクル自転車の保管が可能な施設がない等の理由により本条第1項による返却ができないときは、シェアサイクル自転車の保管が可能な別の設置施設へ移動し返却するものとします。

4) 会員が、第1項または前項の設置施設や駐輪禁止区域以外の場所への返却手続きをせずに、またはカスタマーサポートの指示に従わないでシェアサイクル自転車を放置した場合は、返却手続が完了していないものとみなします。

 

第17条   個別契約の解除

会員が本規約に違反した場合、Pedaru株式会社は、シェアサイクル自転車の個別契約を解除することができます。

 

第4章   自転車事故等の告知

 

第18条   事故の処理

1) シェアサイクル自転車の使用中に、当該シェアサイクル自転車に関わる事故が発生した場合、会員は、事故の規模にかかわらず、法令上の措置をとるとともに、次に定めるところにより処理するものとします。

1. 直ちに事故の状況等について所轄の警察及びPedaru株式会社のカスタマーサポートへ連絡すること。当該事故に関し、Pedaru株式会社及びPedaru株式会社指定の保険会社が必要とする書類または証拠となるものを遅滞なく提出すること。

2. 当該事故に関し、第三者と示談または協定を締結する場合は、事前にPedaru株式会社の承諾を受けること。

2) 会員は、前項によるほか、自らの責任と費用において事故当事者及び関係者との話し合いを含めた事故の処理・解決を図るものとします。

 

第19条   故障・盗難等の処理

1) 会員は、シェアサイクル自転車の使用中にシェアサイクル自転車及び設置施設の異常または不具合を発見した場合は、直ちに利用を停止し、カスタマーサポートに連絡するとともにカスタマーサポートの指示に従うものとします。

2) 会員は、シェアサイクル自転車の使用時間中にシェアサイクル自転車の撤去、盗難等が発生した場合は、直ちにその状況等を所轄の警察及びカスタマーサポートに連絡するとともに、管理経営部門の指示に従うものとします。また、会員はシェアサイクル自転車が撤去または盗難されたことにより負担する費用として、Pedaru株式会社が指定する金額を支払うものとします。

 

第20条   補償

1) Pedaru株式会社は、成立した個別契約に基づいて会員がシェアサイクル自転車を使用している間は、賠償保険を付保します。会員が負担した第30条の賠償責任は付保した損害保険により賠償責任対人対物共通保険金額1億円の限度内で補償するものとします。自転車の使用に起因して第三者に身体障害や財物損壊を与えた場合の法律上の賠償責任を補償するものです。ただし、シェアサイクル自転車に乗車している間が補償期間となります。

2) 警察及びカスタマーサポートに届出のない事故、または会員が本規約に違反して発生した事故による損害については、損害保険及びPedaru株式会社の補償制度による補償が受けられないことがあることを会員は異議なく承諾するものとします。

3) 各種損害保険の保険約款の免責事項(保険金をお支払いできない場合)に該当する場合等、保険約款により第1項に定める補償は適用さない場合があり、これらの損害については、会員が全て負担するものとします。

第5章   使用料に関する事項

第21条   使用料

使用料とは契約により定められたサービスを受ける時間に応じて算出される支払料金をいいます。

第22条   使用料を返金する場合

1) Pedaru株式会社は、自転車、鍵、アプリケーションの不具合(以下、本件不具合をいう)を直接の原因として、シェアサイクル自転車の利用終了が不可能もしくは著しく困難な状況になったことにより会員が損害を被った場合、次の各号のすべてに該当するときは、当該損害のうちPedaru株式会社において本件不具合による通常かつ直接の損害に相当すると認められる金額から計算される利用時間に対応した乗車クレジットを、会員の要求に応じて、提供いたします。

1.会員が本件不具合に気づいてから直ちに、Pedaru株式会社への通知が行われたこと。

2. Pedaru株式会社の調査に対して、会員より十分な説明が行われていること。

3. Pedaru株式会社に対して、本件不具合が推測される事実を確認できるものを示していること。

2) 前項の場合には、Pedaru株式会社はPedaru株式会社所定の時期に、会員に対して、返金処理をいたします。

 

第23条   返金が行われない場合

前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するとPedaru株式会社が判断した場合には、返金を行わないものといたします。

1. 本件不具合が生じたことにつき会員に故意もしくは重大な過失又は法令違反がある場合。

2. 会員が、本件不具合についてのPedaru株式会社に対する説明において、重要な事実について偽りの説明を行った場合。

3. 本件不具合が生じた日の翌日から31日経過した以降に会員から通知があった場合。

4. 会員が、本規約に違反したことにより本件不具合が生じた場合。

 

第6章   責任

 

第24条 定期点検

Pedaru株式会社はシェアサイクル自転車及び駐輪場に対して、Pedaru株式会社の定める基準に基づき定期点検整備を実施いたします。

 

第25条   利用前点検

1) 会員は、シェアサイクル自転車を使用する度に、ブレーキの効き、ハンドルの曲がり、ベルの鳴り、サドルの固定、チェーンの張り、ライトの点灯等の安全性と適切に利用できる状態であることを確認するものといたします。

2) 会員は、シェアサイクル自転車の損傷、備品の紛失及び整備不良を発見したときは、直ちにカスタマーサポートに連絡し、利用を中止するものといたします。

3) 前項の連絡がないままシェアサイクル自転車を利用した場合は、シェアサイクル自転車に損傷、備品の紛失及び整備不良はなかったものとみなします。

 

第26条   管理責任

1) 会員は、善良な管理者の注意をもってシェアサイクル自転車を利用・保管するものといたします。

2) 前項の管理責任は、個別契約に基づくシェアサイクル自転車の貸出し手続きが完了したときから始まり、当該自転車の返却手続きを完了したときに終了するものといたします。

 

第27条   禁止行為

会員は、シェアサイクル自転車の仮受時間中に関して次の行為を行ってはならないものといたします。

1. シェアサイクル自転車を会員本人以外の者に利用させること。

2. 道路交通法に抵触する無謀運転、酒気帯び運転、携帯電話等を使用しての運転、傘を差しての運転等の危険な行為。

3. 交通規制を無視した、シェアサイクル自転車の使用。

4. 乗り入れ禁止区域や危険箇所、不適当な場所での使用。

5. 歩行者等の通行障害となるような行為。

6. 自転車の構造・装置・付属品等の改造や取り外し及び変更。

7. 条例が定める自転車等放置禁止区域内、許可を得られない私有地及び通行の妨げとなるような場所での駐輪。

8. 運転中に故障が発生した場合、無理に運転を継続する行為。

9. シェアサイクル自転車を各種テスト及び競技並びに牽引もしくは後押し等に使用すること。

10. その他、法令又は公序良俗に違反する行為。

 

第28条   放置自転車に対する処置

1) 会員は、前条第7号で禁止する場所にシェアサイクル自転車を駐輪した(以下「放置」という)とき、放置自転車の撤去、保管等の諸費用の負担、返却までの使用料その他Pedaru株式会社に生じた一切の損害を賠償する責を負うものといたします。

2) 前項の場合において自治体及び警察からPedaru株式会社に対して自転車の放置について連絡があった場合、Pedaru株式会社は会員に連絡し、速やかにシェアサイクル自転車をPedaru株式会社所定の場所に移動させ、違反者として法律上の措置に従うことを求めるものとし、会員はこれに従うものといたします。

3) Pedaru株式会社が本条第1項の費用を立て替えて支払ったときは、会員はこの費用をPedaru株式会社に対して速やかに支払うものといたします。

4) 有料駐輪場に駐輪した場合も本条各項と同様にいたします。

 

第29条   シェアサイクル自転車が返却されない場合の処置

会員が、Pedaru株式会社よりシェアサイクル自転車を使用開始後、カスタマーサポートへの連絡なくシェアサイクルが返却されない等、シェアサイクル自転車が乗り逃げされたものとPedaru株式会社が判断したときは、Pedaru株式会社又は会員登録契約又は個別契約を解除するとともに刑事告訴を行う等法的手続措置をとることができるものといたします。

 

第30条   賠償責任

会員は、本規約の各条項に定める他、会員がシェアサイクル自転車を使用して第三者、自転車所有者、又はPedaru株式会社に損害を与えた場合は、その損害を賠償する責任を負うものといたします。

 

第7章   免責

 

第31条   免責

会員は、理由の如何にかかわらず、シェアサイクル自転車を利用したこと又はシェアサイクル自転車が利用できなかったことにより、自らに損害が生じた場合でも、Pedaru株式会社に故意又は重過失がある場合を除き、Pedaru株式会社がシェアサイクル自転車の利用の対価として当該会員より受領した金員の額を超えて損害の賠償を請求することができないものといたします。

 

第32条   不可抗力の免責

会員は、天災地変その他の不可抗力の事由により、シェアサイクル自転車が返却できない場合は、これにより生ずる損害についての責任を負わないものといたします。この場合、会員は、直ちにカスタマーサポートに連絡し、その指示に従うものといたします。

 

第8章   個人情報

 

第33条   個人情報の利用目的

1) Pedaru株式会社は、本規約による申込み及び会員登録契約、個別契約、シェアサイクル自転車の利用に伴う位置情報、走行ルート情報その他のPedaru株式会社の事業の実施に伴って取得した会員の個人情報を、本項各号の範囲で利用するものといたします。

1. Pedaru株式会社の事業につき、会員登録契約の申込みや承諾等にあたり、適切な判断や対応を行うため。

2. Pedaru株式会社の事業運営において、シェアサイクル事業の管理に必要な連絡、各種書類の送付、本人確認にあたり、適切な判断や対応を行うため。

3. シェアサイクル自転車の使用にかかる料金請求を行うため。

4. 会員登録契約、個別契約等の管理を適切に行うため。また、契約の終了後においても、照会への対応や法令等により必要となる管理を適切に行うため。

5. Pedaru株式会社において取り扱う商品やサービス、イベントやキャンペーン等をご案内するため。

6. Pedaru株式会社が企業等の委託を受けて、当該企業等が取り扱う商品やサービス、イベントやキャンペーン等をご案内するため。

7. サービスや製品の企画・開発、顧客満足度の向上等のためのマーケティング分析を行うため。

8. 統計情報等個人を特定できない形態にした上で、マーケティングその他Pedaru株式会社の事業目的で自ら利用又は第三者に提供するため。

2) Pedaru株式会社は、シェアサイクルの事業の運営管理(コンピュータ事務、代金決済事務、顧客管理、顧客からの問い合わせ対応等の一切の事務)及びシェアサイクル事業に関連する業務を第三者に業務委託する場合に、個人情報の保護措置を講じた上で、前項により取得した個人情報を当該業務委託先に預託するものといたします。

3) 会員は、Pedaru株式会社に対して、自己に関する個人情報の開示を請求することができるものとし、Pedaru株式会社が保有する個人情報が不正確又は誤りであることが判明した場合には、Pedaru株式会社は速やかに訂正又は削除に応じるものといたします。なお、Pedaru株式会社に対する、個人情報の開示・訂正・削除等についての問い合わせや、利用・提供中止、その他の意見の申出等に関しては、カスタマーサポートの窓口において受付いたします。

     

第34条   規約の変更

Pedaru株式会社が本規約を改定した場合、本アプリ等の掲示をもって通知するものといたします。また、規約の改定は会員への事前の通知なく行うことができるものといたします。

 

第35条   通知等

会員に対する通知、連絡等は、会員登録契約時に登録した電話番号、メールアドレスまたはアプリケーションの通知機能を用いて行い、その発信時に通知、連絡等の効力が発生するものとし、不到達による不利益は会員が負うものといたします。

 

第36条   延滞損害金

会員は、本規約に基づく金銭債務の履行を怠った場合には、Pedaru株式会社に対して年率6%の割合(1年を365日とする日割り計算による)による延滞損害金を支払うものといたします。

 

第37条   準拠法及び専属的合意管轄

本規約及び個別契約の準拠法は日本法とし、本規約又は個別契約に関連して生じた紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所といたします。